つぶやき

【日本建築学会】事前準備や当日の注意点について

どうも、ばかし(@bkbakashi)です。

毎年、9月の上旬に行われる日本建築学会大会について、その発表方法や注意点をお話ししたいと思います。

初めて学会に行く学生はぜひとも参考にしてもらいたいです。

私が初めて学会に行った時の失敗を元に書いています。

スポンサードサーチ

2018年度日本建築学会(東北)

去年は、広島でしたが、今年は、仙台です。

ホームページはこちら。

日本建築学会大会(東北)学術講演会

学会の概要はこちら。

2018年度日本建築学会大会(東北)

9月4日(火)ー9月6日(木)

東北大学川内北キャンパス

メインテーマは「記憶/未来」です。テーマがあるとは知らなかった。

発表準備編

発表資料はパワーポイント

発表はパワーポイントを使います。

指定ではないですが、だいたいそうです。

発表資料の作り方については、こちらをどうぞ

前日までにすること

前日までに、梗概集をパソコンなり、スマホなりにダウンロードしておきましょう。

他の人の発表を聞くときには、必須です。

みんなパソコンの画面を見ながら、発表を聞いています。

会場への持ち物

  • プレゼン資料の入ったPC
  • 大会プログラム
  • 原稿(パワポを印刷しておくといい)

大会プログラムは、事前に送られてくるので、当日に忘れがちです。

原稿は、発表パワーポイントを印刷しておくと、練習もできて便利ですよ!

スポンサードサーチ

発表編

当日の流れ

当日は、一人当たりの持ち時間が8分です。

発表が5分間で、質問が3分です。

発表:5分

質問:3分

合計:8分の持ち時間で行われる

セッションごとに行われるので、そのセッションでの発表者はパソコンを持って、前で待機しています。

持ち物

  • プレゼン資料の入ったPC
  • (レーザーポインター)
  • 接続アダプター(Macbookの人のみ)

プロジェクターしか用意されていないので、自分でPCは用意しましょう!

レーザーポインターも自分で用意します。まあ、絶対に必要ではないです。

また、Macbookの人は、接続アダプターを自分で用意しなければならないので注意です。

注意点

自分のセッションが始まる前に、パソコンで動作確認をする時間があります。

自分のセッションの前には必ず会場に行きましょう!

また、セッションが予定より早くなったり、長引いたりしますのでギリギリに行くのはやめましょう!

  • セッション前に動作確認の時間がある
  • 早めに会場に行こう!

最後に

自分の研究成果を発表する年に一度の大会です。

いろんな意見を取り入れることができるいい機会なので、頑張ってください!