趣味

【素人チャリンコ体験記】100キロの旅(東京から山梨)

6月1日(金)の夜に東京を出発し、長野県の諏訪までの自転車旅がはじまりました。

総距離240キロと言うバカみたいな距離を普段運動をほとんどしていないグータラ野郎が走れるのか?!

果たしてゴールすることはできたのか?!

その時の心境をつらつら書いていこうと思います。

メンバーは僕を含めて、3人。他の二人は長距離の経験者。僕だけ素人なので不安です。。。

だが、この時の僕は、でもまあ行けるっしょと甘く考えていましたね。

 

今回のルートは、甲州街道をひたすら走ります。高低図をみると、結構登りがあることがわかりますね。長野だもんね。はあ。

予定としては、金曜日の夜に出て、土曜日の夜に諏訪に到着する感じです。24時間で240キロだから時速10キロでノンストップで行けば着くんです!笑

 

http://www.konoha-house.com/kosyukaido/hight_top.htmlより引用)

 

スポンサードサーチ

初日:6月1日(金)22時 亀戸〜高尾駅 65キロ

チェックポイントとして、まず高尾駅を目指します。距離は約65キロ

途中吉野家でご飯を食べましたが、それ以外はほぼノンストップで高尾駅まで行くことができました。

 

夜の新宿駅、華金で人がいっぱいいました。都会の真ん中を自転車で通るのが新鮮で楽しかったですね。
高尾駅には深夜2時頃に到着しました。出発してから4時間。アップダウンが少ない分、スイスイ来れましたがすでに疲労困憊。休息を欲す。

でも、高尾駅周辺はほとんどお店がやっていない。

唯一やっていた漫喫カラオケ屋さんに行くと、カラオケ1時間で1500円と高い、表の看板に書いている値段と全然違うよお兄さん。

一旦相談。

調べてみると、駅から5キロほど離れたところに漫喫界最強の快活クラブがあるとこが判明!!

しかし、僕は疲労困憊、5キロでも渋る。。コンビニの駐車場で寝るかの2択となった。

高尾は寒い!!

耐えられず力を振り絞り快活クラブへ。

6時間で1500円とリーズナブル!しかも朝食が無料!

時刻は3時半、6時には出発予定なので、滞在は2時間半ほど。辛い。

 

初日の感想

なんとかこれたが、正直帰りたい。。以上

65キロと言う今まで経験していなかった距離に満足感と疲労により弱音が出始めましたね。

 

2日目:6月2日(土)6時 相模原〜上野原 24キロ

外はすでに明るくなっており、まだ肌寒いくらい。日中は天気が良くなり、暑くなるんだろうなあ。

無料の朝食セットです。これがめちゃくちゃ美味しい。ポテトが最高!!起きて30秒くらいで食べて出発。

 

2日目は、灰色の下のルートを通って行きました。24キロほど。

 

日差しも強く、とにかくアップッダウンが多くてめちゃくちゃしんどい。

これを見てばわかるように。相模湖から上野原まではラクダのコブのようにデコボコしてますよね。

登って降りて登って降りての繰り返しで、限界を2回くらい超えました。

でも、登って下るときがとても爽快です、辛い先にはご褒美があるんですね。


ちょっとトラブルがありまして、ここがゴールになりました。だいたい100キロくらいでした。

諏訪まではこの倍以上あるなんて、正直無理だったんじゃないかなあと思いますね。

行けるんじゃねって言っていたスタート前の自分を殴りたいです。

輪行袋に自転車を入れて、帰宅です。

2日目の感想

坂がしんどくて、1日目とは比べものにならない。

そして諏訪まではこんな坂はまだまだ序の口なので、正直行くのは無理だったと思います。

でも100キロまで自転車で来れたことはとても達成感があるし、楽しかった部分もたくさんあるので、良かったですね。

 

スポンサードサーチ

最後に

限界はいつも自分が決めること

坂を登っている途中で、何度も降りて歩いてしまおうと思いました。でも、友人が応援してくれてなんとか登りきることができた時に、限界は自分に決めているだけで、本当はもっと先にあるんだなって感じました。

 

一人よりも誰かと一緒に

絶対に一人で行っていたら100キロも走ることはできなかったと思います。途中で弱い自分に負けて、電車で帰ってきてましたね。でも、友人がいることで、とにかく必死についていこうという気持ちになり、途中で諦めることをしませんでした。一人では負けてしまうことでも、誰かと一緒ならその人が限界を引き上げてくるかもしれません。