つぶやき

いい借金と悪い借金?学生はいい借金をしよう

どうも、ばかし(@bkbakashi)です。

あなたは借金に対して、どんなイメージをお持ちですか?

悪い、怖い、危ない、絶対ダメ

いろんな考えがあると思いますが、多くの方は悪いイメージを持つ方でしょう。

私もそう思ってました。

借金したら地獄だ。搾取されて生きていくしかなくなる。

リアルなカイジみたいになってします。借金が返せなくて、地下で強制労働させられる。

だから借金は絶対にダメだ!

と強く思いました。

しかし、学生生活が最後の年になって心境の変化がありました。

きっかけは社会人の友人でした。

「社会人になって金に余裕ができたけど、遊ぶ時間が全然ないから、金が貯まる一方だわー」

「学生のうちに旅行行ったり遊んでいた方がいいぞ」

社会人になった人が、必ず学生に言う言葉ベスト3に入ってますね、絶対。笑

つまり、

社会人 → 金はあるが、時間がない

学生  → 時間はあるが、金がない

全く正反対ですよね、全てに当てはまるわけではないですが、だいたいの方はそうですよね。

言われ慣れている言葉でも、学生生活があと1年もない時に、身近な人に言われるとすごい考えるようになりますね。

ああこのまま終わっていいのかなぁと。

社会人になったらお金が嫌でも入ってくるなら、今は借金しても問題ないのでは??

しかも、今しかできないことをする借金なら、それはいい借金じゃね?

そんなことを思い、今回、いい借金悪い借金について考えてみました。

借金は悪い!とイメージで決めつけてしまっているのは、ダメですね。しっかりと自分で検証してみることが大切です。

DMMの会長である亀山さんのありがたいお言葉を聞きましょう!

スポンサードサーチ

良い借金と悪い借金

借金は悪?

漫画「カイジ」や「闇金ウシジマくん」を見てると、そう思ってしまう。

そもそもなぜ借金をしなければならないのだろうか?

それは、時間が関係している。

今、その瞬間にお金がないから借金をする。

働いて、稼ぐことは可能だが、時間がかかる。

借金をすることで、本来なら1ヶ月先になるものを、今、手に入れることができる。

借金によって時間が短縮されたのだ。時間を買ったとも言える。

逆に、今しかできないことに対しては、借金をしなければ一生できなくなってしまう恐れがあるのだ。

お金がないから、貯まったらやろうでは、時すでに遅し。

買った時間で今しかできないことや自分のためになることをしよう。

だから、バイトなんかせずに、学生は借金をするべきだ!

今のあなたの時間はとても価値があるのです!

時給1000円くらいで安売りしてはいけない。

学生で時間を買い、社会人でそれを返そう。

良い借金は、自分への投資。経験を買う。

旅行、留学、遊び、ヒッチハイク、ボランティア、スポーツ、バンド、などなど

新しいことに挑戦してみたり、これまでやってきたことを突き詰めたりする。

自分のやりたいことを、お金がないからなあと言う制限を取っ払って、やってしまおう!

そういったことに対して、お金を借りることは、いい借金だと思う。

その経験、時間が、その後何十倍、何百倍もの価値になっていることでしょう。

この時に時給1000円で自分の時間を売ってしまった人との差は、何十年後かに明らかになる。

時間を買って、自分の価値を上げよう

悪い借金は、ただの浪費。物欲を満たすためだけの購買。

一方で、悪い借金は、浪費です。

多くの場合、それは他人から影響を受ける場合が多いです。

あの人みたいになりたい、オシャレに見られたい、かっこいいと言われたい、

誰かと比べたり、見栄を張ったりして、ものを買ってしまうのはもったいないです。

承認欲求を満たすため、物欲を満たすための借金は、悪い借金です。

他人にばかり目が向いて、自分の本当にしたいことが見えていません。

将来、自分自身がどうなりたいか、いま何をやりたいのか、いましかできないことって何だろう、そういったことを考える時間はとても貴重です。

社会に出れば、そうやってゆっくり考えている時間もないでしょう。

自分の時間の使い方戦略を立てよう

起業家やフリーランスは学生の延長

普通、社会人になったら、学生みたいに自由に時間を取れない。

しかし、例外もある。

起業家やフリーランスなること。

自分の時間に対して、決定権を持っているので、学生と変わらない。

先輩からのご意見

最後に、ツイッターで回ってきた、社会人の先輩のありがたいご意見を紹介します。

お金は後からいくらでも稼げるらしいですよ